売却までの流れ

不動産を売却するには、おおまかな流れがございます。
事前に売却の流れを知っておくことで、不動産会社探しをスムーズに進められるだけでなく、希望金額で売却できる可能性が高くなるため、事前準備はとても大事です。

売却依頼までの準備

売却理由の確認

家族構成・ライフスタイルの変化などによる住み替えや、転勤・転職などでの売却。遺産相続や資産整理などの売却など、不動産の売却理由は売主によってさまざまありますが、不動産会社にも種類や得意分野があるので、売却理由に合わせた不動産会社選びが重要

売却期間を決める

物件の価値・価格は常に変化しているので、売却の期間が長期化すると金額の変更が必要となります。いつまでに売却したいという目標を決めてから相場を確認することをお勧めします。

物件相場の確認

物件の相場を事前にご自身で調べる事も重要ですが、不動産のプロに依頼して調べてもらうのも一つの手です。基本は無料で査定を行ってくれる不動産会社がほとんどなので、自分で調べる手間がかかりません。

売却査定に必要なものを揃える

「固定資産税の明細書」「建物図面・売買契約書」など、不動産の売却査定に必要となる情報・書類があるので、事前に準備しておくことをお勧めします。

不動産会社選びのポイント

不動産の売却では、不動産の知識だけでなく法律・税金などの専門的な知識も必要となってくるため、不動産の売却に詳しい不動産会社のサポートが重要となってきます。
しかし、不動産会社によっては、自社で売却する事に固執して他社に情報を出さない古い考えの業者もおり、大手ポータルサイトにも出さず放置されるケースがあるため、事前の見極めが大切です。
査定を依頼した不動産会社に、必ず売却を任せないといけないわけではございませんので、内容・サービスに納得できない場合は、「査定を依頼したから…」と気負わず、納得できるまで他社と比較・ご検討ください。

ご依頼から売却までの流れ

フクシマ宅建_売却の流れ

STEP.1
売却査定のお申し込み

まずは、お電話や無料査定フォームから、査定をお申し込みください。弊社では、売却のご相談・お見積りを無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。後ほど担当営業より、「売却理由」「希望査定額」「ご希望の売却時期」「お住いの買替えの有無」「訪問査定の日程」など、詳しくお伺いさせていただきます。

簡易的な査定をご希望の場合は、訪問調査は行わず、いただいた物件情報と周囲の環境・過去の取引事例に基づき、参考の査定価格をご案内いたします。「まだ売る予定はないけれど、現在の資産価値を知りたい」という場合にも役立ちます。

STEP.2
査定価格・売却プランのご提案

本査定の場合は、売却対象物件の状態を、経験豊富な当社のスタッフが現地へ赴き、調査をさせていただきます。その際、「権利書」「購入時の書面」「ローン残金」などの必要書類をご準備いただくと、査定がスムーズに行えます。※必要書類につきましては、あらかじめご案内させていただきます。
対象物件に権利・法令上の問題がなければ、物件の築年数・管理状況・希少性や、周辺の売買事例・市場動向などを総合的に調査し、不動産の売却査定額をご案内いたします。

この査定価格とご希望条件を基に、お客様にご納得いただける「売り出し価格・売却プラン」をご提案させていただきます。

STEP.3
媒介契約の締結

売却プランにご納得いただき、実際に不動産売却に向けて販売活動を行う場合、不動産会社と契約を結びます。「媒介契約」と呼ばれるもので、法律で義務付けられている取り決めです。
媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」3種類ございます。ご契約時にそれぞれの特徴について詳しくご説明させていただきますので、ご自身の状況に合わせてご選択ください。

また、契約を行う前に重要事項の説明を行いますが、その時点で虚偽申告等があれば、後々契約解消にもなりかねませんのでご注意ください。

STEP.4
不動産の売り出し

ご契約が完了し、販売準備が整いましたら、不動産の売り出しが始まります。

活動内容の一例

  • 不動産流通標準システム「REINS(レインズ)」への登録
  • 自社HPでの宣伝活動(素早い情報発信・会員へのアプローチなど)
  • 不動産ポータルサイト・業者間流通サイトへの掲載
  • DM・折り込みチラシなどのポスティング
  • 内覧準備など

自社HPでは、会員サービスを提供しておりますので、会員様へメルマガで新着情報をお届けしたり、限定公開にすることも可能です。
自社サイト以外にも、提携企業・他社への紹介や、「SUUMO(スーモ)」などの人気ポータルサイトの活用などの売却活動を行い、売主様が物件を知るきっかけとなる窓口を増やします。

売却活動には費用がかかるため、売却までのスピードも大切。当社では、およそ3ヶ月を目安に活動を行います。ここで長期的に売れない場合は、価格や内容の見直しが必要になります。

STEP.5
購入希望者(買主)との交渉

売却活動で反響があった購入希望者(買主)様へのご案内が始まります。契約後のトラブルを避けるため、物件に関する情報を可能な限り買主様に提供する必要がございます。特に欠陥や瑕疵がないよう正確に確認していきます。

購入希望者様が、追加条件なしでスムーズに購入されるケースもありますが、値下げ交渉やその他条件が提示されるケースもございます。お問い合わせが多い物件の場合は問題ありませんが、問い合わせが少なく対処しないと売れにくい物件などの場合は、可能な限り売主様が不利とならないよう交渉させていただきます

STEP.6
売買契約の締結

売主様と買主様が売却条件や重要事項を確認し同意されますと、不動産売買契約を結び契約成立となります。決算・不動産のお引渡しの日程についての取り決めも行い、この時点で買主様から売主様へ手付金が支払われます。手付金の金額はおおよそ1割ですが、最近は100万円等のキリの良い金額も増えています

STEP.7
引渡し準備

売買契約の締結後、各種手続き引渡しの際に必要な書類の準備など、不動産の引渡し準備を行います。

主な引渡し準備

  • 住宅ローンの返済・抵当権の抹消手続き
  • 残置物の撤去
  • 電気・水道・ガスの転移手続き
  • 各種書類の準備
  • 居住中の場合は引っ越し先の手配・準備など

細かな設備や備品・残留品の扱いなどについては、撤去不要の場合もあるので、買主様と事前に打ち合わせを行います。売却予定物件に居住中の場合は、引越し先をご紹介させていただきますので、お気軽にご相談ください。また、住宅ローンが残っている場合は、残債を清算し、抵当権抹消の手続きが必要となりますが、この手続きは司法書士に依頼します。

お引渡しの準備では、手続き関連が多いため大変ではありますが、この準備を怠ると契約違反・損害賠償といったトラブルに発展する恐れがあるので、漏れのないよう慎重に行うことが大切です。

STEP.8
決算と不動産の引渡し

事前に取り決めた決済・お引渡し日に、最後の手続きを行います。まず、買主様に銀行等で売買代金の振込を行っていただき、固定資産税の清算・登記申請を行います。住戸などの場合は買主様へ不動産の鍵をお渡しし、売買が完了となります。法律関連の手続きも多いですが、専門のスタッフが最後まで責任を持ってサポートいたしますのでご安心ください。

また、不動産売却後には確定申告が必要となりますので、漏れがないようお気をつけください。

タイトルとURLをコピーしました