不動産売却とは

不動産売却とは、会社または個人が所有するマンションや一戸建て・土地・一棟マンション・アパートなどを、不動産会社に依頼して売却することです。

仲介売却と買取売却の違いとは?

所有する不動産を売却する方法はいくつかございますが、その代表的な方法が買取売却仲介売却です。それでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてまとめてご紹介いたします。

買取売却

フクシマ宅建売却査定_売却査定とは_買取売却
買取売却は、主に不動産会社が物件を買い取る方法早く売りたい方にオススメです。

仲介売却

フクシマ宅建売却査定_売却査定とは_仲介売却
仲介売却は、所有する不動産を不動産に頼んで売却してもらう方法高く売りたい方にオススメです。

不動産買取売却と不動産仲介売却の比較

不動産買取売却不動産仲介売却
売却期間
短期間で売れる
不動産会社が不動産を直接買い取るので売却までの期間はかからないが、物件に問題があれば不動産会社は前向きには購入しない。
長期化する場合がある
良物件であれば希望金額で短期間売却も可能だが、場所が悪い・希望額が高額などの場合は、売却期間が長期化することがあるので、あまり計画的に売却は行えない。
売却価格
仲介売却より安い可能性あり
不動産会社が買い取るので、一般向けに販売する仲介売却より価格が下がる可能性がある
良物件なら希望額で売れる可能性あり
希望額で売却できる可能性もあるが、売却できなければ、値下げする必要がある。期間が空けば空くほど売却するのが難しくなるので、初めの段階で適正金額で販売する必要がある。
仲介手数料
不動産会社に仲介する訳ではないので、無料です。仲介手数料は販売価格の3%+6万円です。
修繕代
必要なし
リフォームやリノベーションは不動産会社が購入後に行うため、修繕は必要ありません
必要な場合が多い
購入後すぐに入居したい方がほとんどなので、ボロボロの状態では売れ残る可能性が高く、販売金額を多少上げてでも綺麗に修繕する場合が多いです。
ご近所への周知
バレにくい
不動産会社と直接やりとりし、即時売却を行うため、周囲に知られる可能性が極めて低い
バレやすい
ポータルサイトや折り込みチラシ等で広告活動を行うので、周囲に知られるケースは多いです。絶対に知られたくないのであれば不動産会社に買取を希望してください。
残置物撤去
撤去なしでも売れる
不用品はそのままでも買取は可能ですが、処分していただいたほうが撤去費用がかからないので、高く買い取れます
撤去しないと売れにくい
不用品が残っている状態でも販売は行えますが、物件の見栄えが悪くなるので、売却が遅れる場合がほとんどです。入居中の場合も同じことが言えます。
住み替え
計画的に可能
売却するタイミングに余裕があるので、計画的に売却後の住居に転居が可能です。
予定が立てにくい
いつ売れるかわからないので、住み替えの予定が立てにくい。また、経年劣化や破損等があると即時売却に至らず売れ残る可能性が高いので、売却前に修繕を行う場合が多い。修繕期間の目安は約1ヶ月程
仲介売却は高く売りたい方にオススメ

仲介売却は、不動産業者が購入希望者を探して売主と条件等を調整して販売する一般的な売却形態です。買取売却と比べて手間や時間はかかりますが、良物件であればあるほど売れやすいので、「時間をかけてでも高い金額で売却したい方」にオススメです。

具体的な流れ

  • メールや電話・訪問して不動産会社に相談
  • 物件の査定を現地で行う
  • 売却を行うための広告活動を始める

仲介売却では、自身で売却希望額を決めて販売を開始することが可能ですが、相場と大きく異なる販売価格で売り出しても売却が長期化する可能性が高く、最終的には価格の変更を余儀無くされるケースも多いです。

不動産会社は、土地の坪単価から建物の状態や品質、これまでの実績データなどを総合的に判断して販売価格を決定します不動産の適正価格を決めるには専門の知識が必要なので、なるべく不動産会社に相談して売却価格を決めることをおすすめします。

また、他業者に情報を出していない不動産会社の場合は、自社で決める事に集中しています。そういった業者に任せると、いつまでたっても売却が行えないことも多いので、できる限り業者同士の付き合いが多い不動産会社に任せましょう

売却前の契約準備について

フクシマ宅建売却査定_媒介契約の種類3

不動産会社に売却を依頼する場合、「媒介契約」を行う事が法律で義務付けられています。
媒介契約の種類は3種類ございます。
それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

一般媒介契約

「一般媒介契約」とは、複数の不動産会社へ同時に不動産売却の仲介を依頼する事ができる契約で、自身で見つけてきた購入希望者(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく売買契約を交わすことが可能です。

ただし、最終的にはどの不動産業者と取引を行うか決める必要があります。一般的には、有力な購入希望者を紹介した不動産会社と取引を行うケースが多いようです。

専任媒介契約

「専任媒介契約」とは、専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自身で見つけてきた購入希望者(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、売却を行う不動産会社を通すことなく売買の契約を行うことが可能です。

専属専任媒介契約

「専属専任媒介契約」とは、不動産の仲介売却を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、複数の不動産会社に仲介を依頼することは契約で禁じられています。また、自身で見つけてきた購入希望者(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産会社を通して取引することが、契約で義務づけられています。

このように、売却活動の全般を1社に任せる専属専任媒介契約は、依頼者に対して拘束力の強い契約ですので、専属専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務については、いくつかの法規制があります

仲介売却のメリットとは

  • 購入希望者に適正金額で売却が行える
  • 時間はかかるが希望額で売却が行える可能性がある
  • 不動産のプロと相談して金額を決定できる
仲介売却のメリット

仲介売却のポイントは、購入希望者へ適正な金額で販売することにより、買取査定と比べて時間はかかるものの希望額で販売できる可能性が高いところです。

当社では、仲介売却がスムーズに行えるよう岡山県の不動産会社とコンタクトを定期的に取り、お客様の不動産を最速で販売できるネットワークを築いております。もちろんすぐに売却を行える購入希望者がいれば、当社で責任を持って販売させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました